Ken’s Learning Projects

色々なスキルや資格の取得を実践・展開します!

ニューヨークでやりたい50のこと(23: ニューヨーク公共図書館)

皆さんは図書館はお好きでしょうか。私は好きです。まあ何が言いたいかというと、今回はニューヨーク公共図書館に行きます。もはや図書館でありながら観光名所的にもなってしまっています。

www.nypl.org

 

目次

 

ニューヨーク公共図書館外観

ニューヨーク公共図書館は、マンハッタンの5番街にあります。それもなんと、40-42番街の2ブロックを占めちゃっています。めちゃくちゃ中心地にあるじゃないですか。地下鉄で行く場合は、7線の5 Ave駅が近いです。

正面に回ってみると、その荘厳な感じが漂ってきます。春休みといい天気が重なってかなり多くの人が集まっていました。こういう階段でめちゃくちゃ多くの人が座ってるのがアメリカっぽい。

ちなみにちょっと脱線しますが、向かい側にはお馴染み "MUJI"があります。日本人にはやっぱり重宝します!自分的に今「いちごミルクの素」がおすすめです。ただ、バターチキンカレーとかバームクーヘンとかの食べ物はほとんど置いていません。

f:id:KenSuzuki1:20220402140555j:plain

 

ちなみに、すぐ後ろにはブラインアントパークという公園があります。ここにもちょっとした店や座るところが設置されていて大盛況でした。ニューヨーカーは公園が大好きですね。

f:id:KenSuzuki1:20220402140647j:plain

 

内観

自分が思っている図書館ではない。まずはアメリカお馴染みのセキュリティチェックです。勉強する人も多いので、バックを持っていてももちろん入ることができます。ただ、その場合は、バックを開けて、中身を見てもらうことになります。ただ、まあ実際いい加減っちゃいい加減なのでそこまで恐れる必要はありません。

入るとメインホールになるのですが、この空間がすごいことになっています。ハリポタか。明らか観光客だろって人も多いです。みんな好きに写真を撮っています。

f:id:KenSuzuki1:20220402140723j:plain

 

図書館ってこんな廊下してましたっけ。

f:id:KenSuzuki1:20220402140813j:plain

 

図書館ってこんな空間で勉強をする場所でしたっけ。もちろん図書館ということもあり、蔵書もすごいです。書籍の他にも地図や写真など、全てを含めると約5600万点くらいになるそうです。ただ、それに付随して、図書館=勉強する場所みたいな感覚が強いかもしれません。このような、勉強をする部屋がいくつかあります。もちろん電源やWifiもあります。

f:id:KenSuzuki1:20220402140855j:plain

 

中にはむしろ展示物をメインにしている部屋なんかもあります。そのような部屋は観光客がそこそこ来るので勉強をする人にとっては人気が無いのが分かりますね。

f:id:KenSuzuki1:20220402140941j:plain

 

展示施設

図書館と言いながら、貴重な蔵書や資料も多いので、もはや展示施設が併設されています。普通にチケットを取得して入るような形です。調べてみたら一応ネットからもあらかじめチケットを入手できるみたいですが、その場でチケットを発行し入場することもできます。企画展のようで、その時によって色々な展示をしているようです。この日は "The New York Public Library’s Treasures" と題していましたが、まあそれを意味することはよくわからず。まあ重要っぽい資料が展示されていました。

f:id:KenSuzuki1:20220402141013j:plain

 

もう一つやっていたのがPeter Kuperによる昆虫展。なんかおしゃれな感じに昆虫を紹介しています。いや、普通にちゃんとみたら面白いんですが、建物自体の方がすごい気がしちゃうっていう。

f:id:KenSuzuki1:20220402141058j:plain

 

その他

このニューヨーク公共図書館では、ツアーを開催しているようです。ほぼほぼ毎日やっているようで、入ってすぐのところにあるカウンターの人に話しかけると参加できるようです。と、いうことで時間もあったのでぜひ参加しようと話しかけてみました。が、もう参加人数がいっぱいになっているとのこと。うーん、残念。

そのカウンターの横にはミュージアムショップと同じようにライブラリーショップなるものが存在します。アメリカお馴染みのTシャツやトートバックなどはもちろんありますが、やはり図書館なので筆記用具やブックマークなどが充実しています。

f:id:KenSuzuki1:20220402141129j:plain

 

3階にはメインの勉強する部屋があります。が、ここで注意したいのが、この部屋はまじで勉強する人たちのための部屋であるということです。ですので、観光で来るような雰囲気ではありません。さらにいうと、勉強するんだな、と証明するものが必要です。例えば本とノートを持っているだとか、ラップトップを持っているだとかを部屋の前にいる人に見せる必要があります。

ちなみに初日は結構観光気分で来てしまっていたのでそれらを持っていなく、部屋に入ることができませんでした。一応学生なんだ、とか、いやいや違うんだ、建物自体を見ることが勉強なんだとか言ってみたのですが聞き入れてくれません。後日、本とラップトップを持って入場しました。

天井がめちゃくちゃ高い!そしてめちゃくちゃ静か。足音やキーボードのタイピング音が聞こえるくらいです。外の喧騒が嘘みたい。まあ集中できるかどうかは人によるかな。一応座って勉強してみたのですが、まあ得られたのは、「俺勉強してる」感でした。

f:id:KenSuzuki1:20220402141151j:plain

 

と、いうことでニューヨーク公共図書館でした。ハリポタの映画でハリー達が時々図書館で勉強するのを見て、豪華だなーと思っていましたが、まあそんなような図書館が普通にあるんですね。

ただ、こんなに豪華で見応えがある建築なのに、入場料ももちろん無料です。ぜひマンハッタンに来たらその雰囲気を味わうのもいいと思います。