Ken’s Learning Projects

色々なスキルや資格の取得を実践・展開します!

ニューヨークでやりたい50のこと(14: ブロードウェイをもう一個)

久しぶりの更新です。すいません。ただ、これには一応訳があります。

日本の大学もそうだと思うのですが、アメリカの大学も期がどのように別れているのかは大学によって異なります。そして私が通っている大学はセメスターであり、今季は春学期ということになります。

前期は標準くらいの授業を登録していたので、それこそ慣れてくれば、特に週末なんかはそこそこ時間もあり、いろんなところに行くことができました。ただ、今期はそれを踏まえてもうちょい授業を取ってみようと思い、少し多めにしたら割と忙しくなってしまい、あまりいろんなところに行けず、それゆえに更新もできなかったということがあります。

ただ、先日中間テストも終わり、一週間の春休みに入りました。課題もほとんどありません。ということで、少しの間ですが、ちょっと詰め込んでまた色々なところに行こうと思います。

そして最初に決めたのが、「ブロードウェイをもう一個観たい」です。いや、もうちょい出歩く系にしようと思ったのですが、ニューヨークはまさかの3月中旬でも雪ということで、屋内施設で楽しめるものにしました。

ちなみに、この14はもともと、「オフブロードウェイも観劇して現地人っぽく」だったのですが、内容があまりにも知らなくてまあどうせならブロードウェイでいいなと思い、もう一個観ることで振り替えます。それでは久々に紹介しましょう。

 

目次

 

Wicked

それでは何の演目を見ることにしましょう。今何をやっているのかは、もちろん公式サイトから確認することができます。

www.broadway.com

と、丁寧に書きましたが、今回はWickedを見ることにします。人からのおすすめです。

 

チケット購入など

前にもちょっと書いたのかもしれませんが、念の為もう一度記載しておきます。ただ、チケットの購入の仕方は結構色々あり、今回はその中でもまあ普通の方法です。

まずは先程のサイトから観たい演目を選択します。大まかなストーリーなどを確認していいなと思ったら日付を選択します。ここであんまり近い日程だと席がほとんどなかったりしますが、まあ日本の劇団四季に比べたらめちゃくちゃ取りやすいと思います。

日付を選んだら座席の指定です。人数を選択してからやるといいです。資本主義の国らしく、きちんと値段に差をつけてきます。ちなみに演目によって劇場もそれぞれ異なるため、座席の配置も多少異なります。また、1階席は「Orchestra」、2階席は「Mezzanine」と呼ばれます。まあいいんすけど、是非とも数字を使ってほしいところです。今回は、2階席の一番前を取ってみることにします。前回1階席の後ろの方を取ってみたら、2階席がせり出してて上の方がよく見えん!みたいなことがあったからです。

席を選択したら、もうあとは指示に従うだけです。もちろんクレジットカードで支払いができます。記載したメールアドレスに確認メールとチケットが送られてきて、まあWalletなんかにそのチケットを入れておけば準備万端です。

 

当日

先程もちょっと記載しましたが、演目によって場所が異なるので、その都度確認して行くことになります。ただ、行けば大きな看板が出ているし、人が集まっているのですぐわかります。Wickedは、1もしくはC,E線の50 St駅近くです。まあ名前の通りそのほとんどがブロードウェイの近くに集結しています。

f:id:KenSuzuki1:20220313080402j:plain

 

めちゃくちゃ行列ができてる!というのも、まあまだ一応コロナ対応でワクチン接種を確認するために少し止まるからです。ワクチンの接種証明と、自分のIDがある証明書を持っていきましょう。ただ、ニューヨークもレストランなんかはもうしないようなところも多くなってきました。劇場のような人が確実に多く集まるところもそろそろ亡くなるのでしょうか。

f:id:KenSuzuki1:20220313080432j:plain

 

入るとちょっとしたインフォメーションボード的なものが。オズの世界を舞台にしているらしく、関連した絵などが解説付きで展示されています。

f:id:KenSuzuki1:20220313080558j:plain

 

先程の行列もあるので、まあ少しは早めに来ることをお勧めします。一応簡易的な待合場所みたいなところもあって、開演前はそこそこの人がくつろいでいます。

f:id:KenSuzuki1:20220313080629j:plain

 

2階席からの眺めはこんな感じです。脇の方の席だけど、一番前だとそこそこ良く見えます。当たり前ですが、演目中は写真や映像は撮れません。ちなみにこの席で$135です。真ん中の前の方の席だと大体倍くらいの値段します。ちっ。

f:id:KenSuzuki1:20220313080655j:plain

 

まあ観覧するということで言えばいいことなのかもしれませんが、手すりがめちゃくちゃ低く感じる。立つと落ちるんじゃないかってくらいに普通に怖いくらい。座っても膝のちょい上くらいしかない。

f:id:KenSuzuki1:20220313080723j:plain

 

観覧し終わったらまあ帰りましょう。先程も少し記載したのですが、ニューヨークは今日、普通に雪が降っています。この時、気温は-3℃でした。あったかくしていきましょう。

f:id:KenSuzuki1:20220313080758j:plain

 

ちょっとした情報ですが、ニューヨーカーは雪が降っても傘をさすわけではなく、フードを被ってやり過ごすのが一般的。郷に入ったら郷に従えということで、フード付きのコートか、中にパーカーを着ていくといいでしょう。まあニューヨークの長い冬を楽しみましょう。

f:id:KenSuzuki1:20220313080822j:plain

 

その他もろもろ

最後に、今回のブロードウェイ観覧を経て、思ったことをつらつらと書いてみたいと思います。

  • Wickedはオペラ座の怪人と比べたら子どもが少し多いかなといった雰囲気。
  • 席を探すときに、スタッフに声をかけたら「ああ、そこらへん」っていうアバウトな回答が。席近くに来てもマジでどの席かわからん。しょうがなく近くの客に聞いてみたらすごい丁寧に教えてくれる。この人はどうやって自分の席が分かったんだか今でも分からない。
  • 劇の途中で笑いを誘ってくるところがある。クスッとくる感じ。ただ、日本だとあんまり大きな声を出して笑うのは良くない感がある気がするが、アメリカだとみんな普通に笑う。
  • 曲の終わりで惜しみない拍手が結構毎回のようにおこる。明らかに演者も鳴り止むのを待ってから次の演技に移ってる気がする。
  • 状況がバンバン変わる。動くセットを用いてそれを描いているが、2階からだとそのセットがよく見えてそれはそれで面白い。
  • さらに2階からだとオーケストラもよく見える。舞台の下で楽器を引いているのだが、指揮者がその中間にいて、オーケストラと演者のどちらにも見えるように指揮を振っているのも面白い。
  • 自分の英語リスニング能力が上がったことを実感する。
  • 普通に感動する。
  • 最後の演者紹介では、これまでの集大成のような拍手。そしてスタンディングオベーション。と思ったら、幕が完全に降りた瞬間みんなすぐに帰る。合理的に動くなあ。
  • 外が雪降ってて寒いのはわかるんだけど、なんでこんな中も寒いんだ。もうちょい暖房つけてくれよ。って思うのになんで半袖の人がいるんだ。人種の体感温度の違いを実感する。

 

以上です。これからまあ大体1週間くらいですが、ちゃんと更新していけたらと思います。またこの休みが終わったら課題の山が待っていると思うと憂鬱ですが、その分楽しみたいと思います。それでは。