Ken’s Learning Projects

色々なスキルや資格の取得を実践・展開します!

ニューヨークでやりたい50のこと(0: 目標の設定)

やってきましたニューヨーク!日本から約13時間のフライトです。ただ、時差もほぼ13時間ありますので、出発と到着の時間が一緒というなかなか面白い現象を体験することができます。

到着してから1ヶ月程度、生活の準備などをしてきましたが、そろそろ何か目標を立てないと、何もしないとダラダラと過ぎてしまう!と思ってしまいました。まあ、少し生活も慣れて余裕が出てきたということもあります。そこで、この Learning Project を思い出し、何かやろうと思い立ちました。

具体的には、特にこのニューヨークに来たからこそできることを中心に考えていきたいと思います。簡単なものから念密に計画を立てなければならないものもあるでしょうが、まずは候補を考え、それをやっていければと思います。

このプロジェクトでは、こんな風にやったよ、ということを示しますが、それをみてガイドブックがわりにして頂いてもいいのかなと思います。また、こんなふうにやったらもっといいよという方がいらっしゃったら是非是非コメントお願いします。

具体的には50個を約50週で行っていこうと思います。実際には1週間では不可能なものもありますので、そこはあまり頑なにならずにゆるくやっていければと思います。以下がそのリストです!

 

やりたいことリスト

 

スポーツ観戦

1: MSGにてニューヨークニックスの試合を観戦

小学校からやっていたバスケットボールの最高峰の試合をみる時が来ました。それも今は当時好きだったニューヨーク・ニックスのホームに住んでいます。いつも最前列にいるという映画監督のスパイク・リーとともに応援してきます。

2: ネッツ戦にてハーデン、デュラントを生で見る

と、言ってもやはり強いチームと強い選手が見たい!そうなるとこの2人を見ないわけにはいかないでしょう。幸いブルックリンにホームコートが移動しており、比較的容易に行くことができそうです。

3: USオープンで錦織と大阪なおみ選手を応援する

テニスの4大大会の1つであるUSオープンはニューヨークで開催されます。日本人で有名な選手は錦織選手と大阪なおみ選手でしょうか。毎年8月の最終月曜日から2週間の日程で行われるため、来年となってしまいますがこの2人を日本人として応援してきたいと思います。

4: ヤンキースタジアムにてニューヨーク・ヤンキースの試合を観戦

実は野球はそこまで詳しいわけではないのですが、一応きたからにはニューヨーク・ヤンキースも見ておきたいと思います。以前松井選手が在籍したこともあり日本でも有名ですが、自分的にはマネー・ボールにおける金持ち球団代表として扱われていたことが印象に残っています。

5: ニューヨーク・ジャイアンツの試合でフットボールにも関心を

アメリカンフットボールに関しては、正直なところ詳細なルールも知りません。ただ、これもアメリカにきたからには直接この目で見ていきたいと思います。幸い大都市に住んでいるためニューヨーク・ジャイアンツというチームがあるようです。

スポーツ関連

6: セントラルパークを45分以内に1周する

ニューヨークで運動しようと思ったらこれでしょう。日本で言う「皇居ラン」でしょうか。1周が約10kmあるため、この距離で走った時のタイムをググったところ、45分ならまあまあと出てきたため目標としました。

7: 筋トレして現地人みたいにムキムキになる

ニューヨークではなのかアメリカではなのかわかりませんが、ムキムキな男がめっちゃいます。彼らは上半身裸で街を歩くことを許されている様です。現地人に近づけるように筋トレし、健康な体を維持していきたいものです。

芸術関連

8: メトロポリタンミュージアムで芸術に浸る

世界最大級の美術館であるメトロポリタンミュージアムは一度は訪れておきたいものです。METの愛称で呼ばれているこの美術館はセントラルパーク内にあります。1日ではまわり切れない可能性が高いですが、事前調査をしてから望みたいと思います。

9: MoMaで近代アートにも触れる

ニューヨーク近代美術館にももちろん行きたいところです。正直現代すぎると何が何だかわからなくなってきますが、流石にここの有名さであれば理解しておきたいものです。場所もミッドタウンにあり、行きやすさも万全です。

10: グッゲンハイム美術館で絵画だけでなく建築も鑑賞する

フランク・ロイド・ライトによる設計あるグッゲンハイム美術館(ニューヨーク)はその所蔵されているアートだけでなく、建築も注目して見たいものです。CMや映画などでも度々登場するその彫刻のような形を体験してきます。

11: ニューミュージアムで革新的な現代アートにも触れる

ここは正直なところニューミュージアムでなくてもいいのですが、めちゃくちゃな現代美術が置いてあるようなところにも行ってみたいと思います。ホイットニー美術館も候補に上がっています。

12: アメリカ自然博物館でナイトミュージアムの舞台を体験

少し芸術からは外れますが、人間の文化や歴史について学ぶことができる巨大な博物館です。映画「ナイトミュージアム」の舞台ともなっており、日本でも有名かもしれません。最近、サピエンス全史を買ったので、訪れる前までには読んでいきたいものです。

13: ブロードウェイでミュージカルを観劇

このニューヨークでエンターテイメントを楽しむのであればブロードウェイでミュージカルでしょう。もはや芸術の域に達していると言っても過言ではないと思います。あらすじを知っているのが少ないのが少し不安ですが、堪能してきます。

14: オフ・ブロードウェイも観劇して現地人っぽく

割と小さな劇場で行われるものをオフ・ブロードウェイやオフオフ・ブロードウェイという様ですが、なかなか旅行者であったら行かないのではないでしょうか。これは現地に住んだ人であることを重み付けるものとなりそうです。

15: ブラインアントパークにて映画を見る

ニューヨークは多くの映画の舞台になってもいます。そこで映画も見ちゃいましょう。ただ、普通に映画を見るのでは面白くないので、ブライアントパークの野外で行われる映画鑑賞イベントに参加したいと思います。

16: シェークスピアをセントラルパークで観劇

こちらも野外観劇です。夏の恒例イベントになっているシェイクスピア・イン・ザ・パークにも参加したいと思います。なかなかチケットを取ること自体が難しいようで、1年では取れないこともある様ですが、何とかチャレンジしたいと思います。

17: 現地でジャズを聴く

普通に生活しているだけでも街中からジャズの音楽が聞こえてきます。さらにはニューヨークはジャズの聖地とも言われており、多くのジャズクラブが集結しています。是非とも本場のジャズを体験してきたいところです。

18: カーネギーホールでクラシックコンサートを聴く

ボストン交響楽団シカゴ交響楽団、そしてフィラデルフィア管弦楽団などが定期公演を行っているようです。少し大人にもなってきましたのでクラシックも聞いてきたいと思います。

19: MSGで誰かのコンサートに行く

実は日本も含めてもあまり歌に興味がなく、誰かの歌手のコンサートに行ったことがありません。ただ、MSGも近いことですし、ニューヨークですし、誰か有名な歌手のコンサートに行ってみたいと思います。

20: メトロポリタン・オペラを観劇する

世界最高のオペラのひとつらしいメトロポリタン・オペラですが、もはや服装にも気を付けなければならないレベルの場所らしいです。ニューヨークに来たからにはそんなハイソサイティな社交場にも顔を出してきます。

建築関連

21: ロックフェラーセンターから世界の中心を見下ろす

人気のビュースポットであるトップ・オブ・ザ・ロックから世界の中心であるマンハッタン島を見下ろしたいと思います。冬になってしまうと色が減ってしまうかなと思うので緑豊かなセントラルパークが見下ろせる季節に行きたいです。

22: エンパイア・ステート・ビルディングからもニューヨークを一望する

同じく人気を2分するエンパイア・ステート・ビルディングからもニューヨークを一望したいと思います。トップ・オブ・ザ・ロックとは異なる季節で行くことができたらベストかなと思っています。

23: ニューヨーク公共図書館

なんで海外の図書館はこんなに心地よい場所であるように見えるのでしょうか。まるでハリポタの世界のような内装と重厚な外観からなる図書館ですが、所有図書もかなりのもので普通に利用したいところでもあります。

24: グランド・セントラル・ターミナル

映画やテレビドラマのロケ地にも使われるニューヨークのターミナル駅であるこのグランド・セントラル・ターミナルですが、もはや歴史的建造物となっています。利用してしまってはいるのですが、きちんとゆっくり見学したいと思います。

25: ワールド・トレード・センターで感慨に浸る

2001年9月の同時多発テロからちょうど20年が経ちました。実は私は、8月ですがその20年前にニューヨークを訪れており、感慨深い場所でもあります。メモリアルや展望台からなる複合施設となっており、一度は訪れたいと思います。

26: ハイラインを散策してゆったりした時間を過ごす

以前は高架鉄道であった場所を再利用したのがこのハイラインです。かつてはよりインダストリアルな用途でしたが、すっかり観光スポットにもなっています。ゆっくり景色を見ながら散策したいと思います。

27: ミースのシーグラム・ビルから超高層建築について考える

私は「好きな建築は何ですか」と聞かれたらこのシーグラム・ビルを言う様にしてきました。と言うのも建築好きが嫌いな超高層建築であるからです。是非とももう一度訪れ、ミースの建築について考えたいと思います。

28: フランク・ロイド・ライト落水荘を実際に訪れる

ライトの建築の中でも最も有名なのがこの落水荘ではないでしょうか。隣のペンシルバニア州ピッツバーグの近くにあり、めちゃくちゃ遠くはありません。ここで見なければ一生見ることはなさそうです。是非この機会に見学したいと思います。

食事関連

29: チャイナタウンで中華を食べる

横浜に行ったら中華街に行くようにニューヨークに来たらチャイナタウンに行ってみます。どうせならレストランで中華を食べたり、中華料理用の食材を買ったりしたいと思います。

30: リトルイタリーでイタリアンを食べる

日本ではあまり馴染みの少ないイタリアン街ですが、ニューヨークには存在します。今借りているアパートのオーナーがイタリア人で一応勧めていたこともあり、レストランでイタリアンを食べてみようと思います。

旅行関連

31: ビーコンにちょっとお出かけしおしゃれに過ごす

歴史ある工場跡を美術館にリノベーションしたディア・ビーコンなどがあるビーコンはマンハッタンからも1時間30分で行けることもあり、週末旅行にピッタリな気がします。そしてめちゃくちゃ有名ではないところも気に入りました。

32: ボストンで学術的な雰囲気を味わう

留学で来たからにはより学術的な場所にも訪れたいものです。ハーバードやMITに可能であればズカズカと入り、その雰囲気を堪能したいものです。もちろん有名な建築や観光スポットもちょこちょこみながらで。

33: フィラデルフィアアメリカの歴史に触れる

アメリカ人は割と歴史が好きであるように感じます(そんなに歴史が無いのに・・・)。そんな歴史をより感じることができるのがフィラデルフィアでは無いでしょうか。インディペンデンス国立歴史公園や独立記念館などアメリカ建国に関して学んでみようと思います。

34: アメリカの首都であるワシントンDCに足を踏み入れる

本当にホワイトハウスは白いのかを確認してこようと思います。博物館や美術館は無料のところも多い様です。他にはアメリカ建国の父リンカーンの像などが見どころとのことです。

35: シカゴの摩天楼も堪能する

ニューヨークと似ているかもしれませんが、その摩天楼ぶりはなかなかのものがあるでしょう。あと5大湖も見てみたいです。

36: 寒さに耐えられなくなったらマイアミで避寒する

マイアミへはニューヨークから飛行機で3時間15分ほどで行く事ができる様です。夏にビーチに行くのもいいですが、ニューヨークが寒くなる冬の時期に避寒しに来たいと思います。

37: サンフランシスコで西海岸の雰囲気も感じる

一度は西海岸にも行ってみたいです。特にカルフォルニアのサンフランシスコやロサンゼルスには立ち寄りたいです。と言うのも、アメリカでも東海岸と西海岸では雰囲気が異なる様です。是非数日かけて行ってみたいと思います。

38: 大西洋を渡ってイギリスにも行ってみよう

東海岸に来たことのメリットにヨーロッパが近いことが挙げられます。何ならサンフランシスコに行くくらいの感じでイギリスに行けるのでは無いでしょうか。コロナだけが不安ですが、長期休暇にチャレンジしたいです。

39: スペインで情熱的に

ヨーロッパに来たのなら色々な国を回ってみたいものです。その一つがスペインです。。行きたかったもののなかなか行けなかった国であり、建築を見たり、スペイン料理を堪能したりしたいと思います。

40: フランスのパリでシックに華やかに

観光地としては有名なパリにも立ち寄りたいものです。古き良きなシックな場所や、華やかな社交の場、おしゃれな美術館などパリを存分に感じてみたいと思います。ただやはりコロナだけは注意します。

41: モロッコでおしゃれにアフリカに立ち寄る

人生でまだアフリカに降り立ったことが無いのですが、これを期にアフリカにも踏み入りたいと思います。中でも西側に位置するモロッコは行きやすそうですし、おしゃれな場所でもある様です。昔行きたかったのですが、あまりに遠くて挫折したので再チャレンジしたいと思います。

42: 地球の真裏の香港に

ニューヨークの真裏は香港で、時差は12時間です。長期休暇を使って必ず行きます。ただ、やはりコロナが問題です。

体験関連

43: OMNYを使って自由に地下鉄を使用する

地下鉄はニューヨーカーにとって欠かせない交通手段になっています。正直乗っていていきなり暗くなったり音楽が演奏されたりとアトラクション的要素を楽しむこともできます。タッチ式のOMNYを使うのは補足的なのですが、大いに利用したいと思います。

44: Mac Book を新調してUSキーボードに

今このブログを書くのにも使用している Mac Book ですが、そろそろ4年目になろうとしており、そろそろ新調したいなと思っていました。学割が効く今のうちに購入したいと思います。

45: ニューヨークで最も綺麗な橋と言われているブルックリン橋を歩く

マンハッタンとブルックリンの間に最初にかけられた橋でもあるこのブルックリン橋ですが、綺麗であることでも有名です。マンハッタンからでも30分程度でダンボにダンボに到着する様です。

46: 独立記念日の花火を見る

アメリカで花火といえば独立記念日のものだそうです。まあ日本でも夏の風物詩でもあり季節的には同じですが、意味合いは違いそうです。ちなみにメイシーズという百貨店が主催する様です。

47: ウォールストリートのど真ん中でアメリカ株を購入する

この資本主義の国に来たらその波に乗りたいと思います。そしてその中心とも言えるウォールストリート。ここで株を購入したいと思います。まあ実際にNYSEでやるわけではなくオンラインでの決済になるでしょうが。

48: チェルシーマーケットでチョコレートを買う

めちゃくちゃチョコレートが好きなんです。いや、どこで買ってもいいのですが、どうせならおしゃれなところでおしゃれなチョコレートを買ってみたくはないでしょうか。

49: 3Dプリンターで何か作る

これからのマニュファクチュアリングの変化の波に乗ってみようと思います。もう個人で所有している人もいる様ですが、そこまでお金をかけることはちょっと・・・と思うので、出力サービスをしているところを探してみようと思います。

50: 何かしら論文を書く

色々書いてきましたが、もちろん来た本当の理由は勉強しにニューヨークまで来たのです。期間は限られていますが、可能であれば論文を1つは書いて戻りたいと思います。もちろんどこかに提出できればいいですが、できなければここで発表としてもいいのかなと思います。

 

以上になります。書いてみたらなかなか重みもあり、いいものとなったなとすでにやった感が出てしまいました。しかし実際にやらなければ意味がありません。しかも書いてしまったからにはやらなければなりません!がんばります!

 

f:id:KenSuzuki1:20210913105701p:plain