Ken’s Learning Projects

色々なスキルや資格の取得を実践・展開します!

留学に向けて (030:お金事情)

 さて、ここまで留学前の準備として何をしなければならないのかを一つ一つ紹介してきました。そこで、今回はそれらの準備にどれだけお金がかかったのかをまとめておきたいと思います。

注意して欲しいのは、これは出発前にかかった費用であり、留学してからかかった費用ではありません。これまで記載してきた内容についての費用となります。もちろん人によってはより節約できたり、より多くのお金がかかってしまう場合がありますが、自分がかかったものを紹介していきたいと思います。

 

 

留学準備学校

・AGOSやSapiens-Sapiensなどの学校:約1,000,000円

 学校やどこまでのサービスを受けるのか、またその期間などで異なりますが、一般的にTOEFLGRE、そして大学にアプライするときのエッセイなどの添削も含めたものを基準としております。正直に言うとここはケチらない方がいいと思います。また、どこにするのかは非常に大切な部分です。事前に体験授業などを受けるなどして決めていった方がいいと思います。

 

テスト

TOEFLテスト受験(10回):250,000円

GREテスト受験(4回):90,000円

 これも人によっては異なるものとはなりますが、最低でもこれくらいは受けることになるのかなと思われる回数を基準としています。TOEFLに関しては、基準の点数を越えなければ受けたところでほぼ落ちると考えていいのかなと思います。ここで詰まると非常に大金を失うことになります。できるだけ準備をしっかりしていきたいのと、モチベーションを保つためにも定期的に受けたいのがせめぎあいます。ただ、金額によって落とし所を見つけていくことが必要になってきます。

受験の申し込み

・申し込み(6校):60,000円

・テストスコア送付(6校):36,000円

・英文成績書証明作成:26,000円

 受験校によっても左右しますが、申し込みに関しては各校1万円、テストスコア送付は6,000円を基準としております。あまりこれより高くなる大学はそこまで無いのかなと思います。また、1校で複数のコースを受ける場合は割引してくれるようなところもあります。

 英文成績書証明作成はWESの利用を想定としております。1回行えば全ての大学に適用可能です。もし大学側から求められなければやらないことも可能です。

 

部屋探しと引越し

ニューヨーク、1 Bedroom(デポジット):300,000円

引っ越し:600,000円

 これも家族構成はどれくらいの部屋に住みたいのかにもよりますが、ニューヨークで1Bedroomに住みたいと考えたときに、そこそこの部屋に住むことを想定しています。もちろんめちゃくちゃいい場所で高級ホテルみたいなところに住むこともできますし、なんなら大学の寮に入って節約することも可能です。ただ、あまりにも治安の悪いところは避けたほうがいいでしょう。そうすると、ニューヨークでは大体 $3,000くらいに落ち着くのかなと思います。デポジットは大抵のところで家賃の一ヶ月分です。もし不動産会社を通すともう少し取られる場合もあります。

 引っ越しに関しては、日本通運もしくはヤマト運輸を使用する想定をしています。1人暮らしでそこまでものがないため、航空便飲みを使用することを想定しています。

 

航空券

東京ーニューヨーク(ビジネスクラス):約500,000円

 もちろんエコノミークラスに乗ればそれだけ節約できますし、時期によって金額も変動します。 しかし、結構な長旅になります。こんな時くらい奮発してもいいでしょう。ただ、この出発する時期が大抵の場合、夏休みという最も航空券の高いときに重なる可能性が高いです。そこそこになることを覚悟しましょう。

 

他の準備

・パスポート更新:20,000円

 10年のものに更新することを想定しています。もし期限に余裕があるのであればもちろん入りません。

・VISAの取得:100,000円

 代行サービスを用いた場合にかかる金額を想定しています。使わなければ半額くらいにはすることができます。ただ、SEVISの支払いなどは必ず発生しますので、それらの金額も含稀ています。

・ワクチン接種:40,000円

 州によっても異なりますので、MMRともう一つ何かを想定しています。

・事前家具購入:約100,000円

 IKEAで一通り揃えることを想定しています。基本的には割と安めのものを買うようにしています。

 

英語の勉強

 オンライン英会話(5ヶ月):30,000円

 下記のDMMもしくはレアジョブを使用することを想定しています。この英語の勉強に関してはまた明日記載していきたいと思います。

 

合計金額

さて合計金額はいくらになったでしょうか・・・

・・・約315万円です。 

しかもこれは留学の準備段階のみでかかる金額になります。もちろんより時間をかけたり手間を惜しまなければ節約することのできる部分はたくさんあります。ただ、その分勉強する時間は減ることも考慮しましょう。そうです、留学にはお金がとてもかかるのです。これらを理解してから準備に取り掛かると、より効率よくと考えたり、もっと簡単に節約することができるといったことに気づけたり、さらには大体の目安を持つことができます。

今回は以上になります。次回はこの「留学に向けて」では最後の「英語学習の継続」を記載したいと思います。

f:id:KenSuzuki1:20210702014729p:plain