Ken’s Learning Projects

色々なスキルや資格の取得を実践・展開します!

留学に向けて (001)

こんにちは。今回は、新しい Project Learning を始めたいと思います。その名も、「留学に向けて」です。といっても、これまでの Learning Project とは少し異なる点があります。それは、出発はまだですが、すでに私は大学からの合格通知を受けていることです。したがって、どのように合格までいったのか、そしてやらなければならないことを重点的に、今回のプロジェクトでは記憶を頼りに記載したいと思います。

 

留学へのモチベーション

まず始めに記載しておきたいのが、留学の目的は何かということを最初に決めるべきということです。当たり前かと思いますが、中にはなんとなく「留学」したい、なんて人もいるのではないでしょうか。もちろんわりと容易にいけるものも最近はあるようで、会社に入ってくる学生の中には、大学時代に数ヶ月留学をしていましたなんて人が意外に多いのに驚かされることもあります。

そのようなものではなく、海外の大学に学士であれば4年間、修士であれば地域にもよりますが1.5~2年間の留学をこのプロジェクトでは扱います。というのも自身の経験がそうであるからであり、もちろん上記のような数ヶ月の語学留学よりいいとかそういうものではありません。

その場合、なんとなくで決めるとあとあと後悔します。というのも、いきなり悪い面から書くのもなんですが思ったよりも大変だからです。目的意識が低いと、最悪途中で投げ出すことになりかねません。したがって、私はこの留学目的を明確にし、モチベーションを維持することの大切さを強調したいと思います。

 

また、私は社会人留学をします。学生であり、進学として留学したいのであれば、今自身がやっている研究を深めたいという欲求からという理由が挙げられます。それに対し、社会人留学では、研究職であれば学生と同様な可能性もありますが、より実務的な仕事をしているような方の多くは少し異なるような気がします。現状の仕事に活かせるような新しい知識を学びたい、と言ったことが考えられ明日。

また、自身のキャリアを見つめるという意味でも、留学は大きな意味を持っていそうです。キャリアゴールを見つけたり、もしくはキャリアチェンジやキャリアアップが望めるかもしれません。

また、現状の打破という意味もありそうです。どうしても仕事ばっかりしていると知識が古くなりがちです。まだまだ日本の会社であれば昔のやり方を踏襲することが多いのではないでしょうか。新卒の学生が新しい知識を持っている、と感じるようであれば、自身の知識が古くなっている証拠のように感じます。その意味でいえば、社会人留学は、再度自身の知識を更新し、スキルをアップする手段でもあるように思います。

最近では、「人生100年時代」なんてことも言われます。年金の受給年齢も段階的に引き上げられ、社会人の働く年数は伸びる一方です。一方、昔であれば働く期間も短く、それに社会の変化もそこまで早くなかったのではないでしょうか。それに対し、現代では次々に新しい技術が開発され、ついていけなければ振り落とされてしまいます。もちろん、昔の考えや知識のままで、そのまま楽して生きられればいいと思えればそれで問題はないと思います。ただ、将来的に、歳を取っても働かなければならない状況になってしまった時に、昔の知識のみを持って働くというのは難しくなってくるはずです。

以上のようなことから、私は社会人留学には意味があると考えます。

 

専攻について

社会人の大学院留学でよく聞くのがMBAと言われるものです。MBAは、数ある専攻の中で、ビジネス系の専攻の中の、経営学を学ぶところになります。北米では Business School と呼ばれています。私も社会人留学を決心してから、海外の留学先などを調べ始めたのですが、その多くの情報はMBAであり他の専攻での留学に関する情報はまだそこまで多くないような気がしました。

ただ、私は工学系での留学を希望していました。したがって、最初に言っておくとこのブログはMBA向けのものではありません。MBAへいきたい、と考えてらっしゃっている方に関しましては、留学全体の感じや、のちに記載するであろう留学準備の場所をご参考にしていただけたらと思います。今回、「この留学に向けて」を記載しようとしたのもこのような理由が大きいです。なかなか理系修士学で留学しようと思っても、軽く読めるようなものが少なかったため、このブログが少しでもご参考になればと思います。

 

留学までのステップ

留学までの道のりには、大まかに以下のステップを踏む必要がありました。

  1. 留学先の候補を調べる
  2. 英語の学習
  3. 大学への出願
  4. 留学準備

次回からは、1から順に詳細を記載していきたいと思います。ただ、今回は自身の都合上、1ヶ月限定で記載していきたいと思います。というのも、実際の留学が待っているからです。これから1ヶ月よろしくお願いいたします。

 

f:id:KenSuzuki1:20210702014729p:plain