Ken’s Learning Projects

色々なスキルや資格の取得を実践・展開します!

TOEIC990点の取得- 004

引き続きただひたすら模擬テストを解く、回答を確認し自分でフィードバックする、ということを繰り返しています。一応、以前買った公式の問題集6と7が終了しました。今回はその計4回分の模擬試験をやり終えたことを踏まえ、Reading セクションに焦点を当てたいと思います。

 

Reading セクションはListening に引き続き行われます。時間は約75分で、問題数はListeningと同じく100問です。ここでまず、Reading セクション全体を通したアドバイスをしたいと思います。それは時間配分です。

75分というのは長いように見えますが、この100問を全て解ききることを考えるとまあまあいい時間設定になっています。割と頑張らないと終わりません。正直、最初のうちは結構余裕だろうと思ってゆっくり正確にやっていましたが、まさかの最後の方で終わらなそうということに気づき、スピードアップした結果ミスをするなんてことがありました。時間配分がまだわからないという方に関しては、目標時間を決め、模擬テストでかかった時間も記載しておくのがいいと思います。この後、各パートについて記載しますが、その目標とすべき回答時間も記載しておきます。

 

Part 5

Part 5は短文穴埋め問題です。短い文の中に空所が一箇所あり、そこに入る適切な語句を4択で答える問題です。問題数は30問で、目標回答時間は全体で15分程度、すなわち1問につき30秒程度だと思います。

やってみて分かったことは、このPart 5 のほとんどは2種類に分類されるということです。1つ目が文法に関する問題で、2つ目が単語に関する問題です。

1つ目の文法に関する問題では、同じような単語が選択肢に並んでおり、正しい品詞のものを選びます。この問題は正直かなり素早く解けます。というのも、短い文であるにも関わらず、その文全てを理解しなくても前後関係で分かってしまうからです。あとなんとなく副詞を選ばせる解答が多い気がします。

2つ目の単語問題は、問題文全てを読み、意味を理解するべきです。まあ選択肢の単語がわからなかったらかなり厳しいので単語能力が問われますが、うまくいけば消去法も使えます。できるだけ15分の中でもこちらに時間を咲きましょう。

 

Part 6

Part 6 では、手紙やメールなどの長文の中に4つの空所があり、それらに入る語句や文を4つの選択肢から選択する問題です。問題数は4×4問で16問、目標回答時間は全体で8分、すなわち1問につき30秒で、Part 5と同じです。

というのもほとんどの問題はPart 5と同じ形式です。ほぼ延長線上にあると考えていいと思います。唯一異なるのは、文章丸ごと挿入する箇所を聞かれる問題が各1問づつあるところです。この問題だけは選択肢の前後の文章を読み、理解することが必要になります。

 

Part 7

Part 7 が最後のパートになります。メールやチャット、広告や新聞記事などがまずあり、それぞれに2〜5問の設問と4つの選択肢が記載されています。問題数は54問で目標回答時間は52分、すなわち単純計算して1つの問題に1分です。しかし、前半に比べると後半の方が読むべきものが多くなりますので時間がかかるかもしれません。

多分このPart 7 において取られる戦略として、2種類あるのではないかと思います。それは文章を全部読むか、それとも必要なところのみ読むかというものです。結果からいうと、自分は全部読むを採用しています。

ただ、これは全部読んでも時間内に終えることができることを前提としています。ただ、問題を解いていくうちに読む速さが確実に速くなるので、最初からこちらの戦略を取ることをおすすめします。確実に全ての問題に答えられますし、繰り返し読むことがほとんどなくなるため、結果的に時間が少なくてすむからです。

最初のうちは時間が無いように感じてしまい、問題で聞かれているところのみを読もうとしてしまいがちです。しかし、実際探しているとほとんど読んでしまうなんてことはないでしょうか。何かここで「答えが書いてあるところがすぐ見つけられる方法!」なんて戦略もあるのでしょうが、正直わかりませんでした。

私は、まず最初の設問と、その選択肢を読みます。多少頭に入れたら、問題を最初から読み始めます。解答に関するところまできたら選択肢と照らし合わせて回答を導き出します。一つ終わったら次の設問と選択肢を読み、続きを読んでいきます。解答し終えたら次の問題に移ります。

この方法を取っているのは、設問の順番がわりと問題文に解答が書いてある順番になっているからです。ですので、この方法を使用すればほとんど取りこぼしなく解答することができます。たまに複数のマテリアルから解答しなければならない問題もありますが、全て読んできているので、わりとロジカルに判断できます。

 

 

いかがだったでしょうか。ひととおり自分のとっているTOEIC戦略を説明できたかなとおもいます。ただ、やる問題集がなくなりました。書店でまた探そうと思います。

次回は単語について記載できたらと思います。よろしくお願いします。