Ken’s Learning Projects

色々なスキルや資格の取得を実践・展開します!

TOEIC990点の取得- 002

TOEICの990点というのは満点です。すなわち全ての問題に正解する必要があると考えられます。噂では何問が間違えても満点が出るらしいですが、とりあえず全て正解を目指して行こうと思います。そして、今回はそのためにどのように学習して行くかのプランを記載したいと思います。

 

模擬テストを行う

繰り返しになってしまいますが、今回のLearning Projectの大きな方向性は、テストを早めに、そして何回も行うことを重視しています。さらに、そこからのフィードバックを得ることも重要です。もちろんこのプロジェクトでもそれを重視したいと思います。

実際、模擬テストを受けることは皆さんご承知の通り重要でしょう。TOEICは毎回同じ形式の問題が出題されます。Listening と Reading から構成され、問題数は200問というのはほぼ変わりません。その形式に慣れることは、どこかの段階で必ずやっているはずです。しかしながら、多くの人がまず文法を復習してからとか、単語を覚えてから、という方法を取るのではないでしょうか。学習の最後に模擬試験を受け、テストに挑んでいませんでしょうか。

 

教材選び

模擬テストを行うために、最も適した教材を購入しなければなりません。もちろん本番により近いものであれば良いと考えます。そこで今回は、TOEICの公式問題集を購入することにしました。現在(2021年1月23日)時点で、問題集7までが出版されていました。従って今回はその7と、一応6も購入することにしました。というのも中身をペラペラと確認すると、一冊につき2回分も模擬試験しか収録されていないからです。2回というのは流石に少なすぎるように感じます。何回行うのかは後に述べます。ちなみに1冊3000円です。公式だからか他のものと比べて少し高めですね。

 

学習の順序

前述したように、最初に模擬テストを行います。最新の7のテスト1から始めることにします。そして一通り、一回分テストに回答した後、答え合わせをしていきます。その間違えたところがフィードバックです。今回は丸付けされすればすぐに正確なフィードバックを得ることができます。他の人に聞く必要もありません。かなりこのLearning Projectとの親和性は高そうです。もちろん間違えた問題に対しては、その正解となぜ間違ったのかまで追求し、納得してから次に進むことにします。ちなみに正解した問題に関しては何もしません。むしろ次の問題を解くことを重視します。

 

学習頻度と量

社会人であれば、平日の日中はみなさん仕事をしていることでしょう。もちろん自分も同様です。休日であっても用事があったりと、1日全てを学習に費やすというのはほとんどの人にとって現実的ではないように思います。しかし、もちろん0時間ではスキルを得られません。そのちょうどいいところを探すことにしましょう。自分の場合、1日1時間ちょっとならTOEICの学習のために捻出できそうです。もちろん人によってこれは違うと思いますので、それぞれに適した時間を決めるべきだとは思います。ただ、自分がこの1時間ちょっとは捻出しようと思ったのには理由があります。TOEICはListening とReading のセクションがあり、それぞれだいたい45分と75分で、合計約2時間で構成されております。それぞれの途中で終わってしまうのもと思い、どちらか一つを1日でやることにしました。もちろん+@で間違った問題の復習をする時間も必要です。ただ、この時間はやって行くうちに少なくなっていくことを期待します。

 

回数

今日から目標としているテスト本番まで約30日あります。ですので、上記を毎日守れば単純計算で15回分の模擬テストができそうです。実際、今回購入したのが計4回分ですので、もうちょっと欲しいところです。この4回分が終わるころにもう一冊購入しようかと思います。可能であれば3回分程度のものを購入し、計7回分も模擬試験を、それぞれ2回、計14回行うことを目標とします。残りの1回は、まあできない日もあるだろうと思い、保険として残しておきました。

 

単語

当たり前ですが、全く単語がわからなければ解けるはずもありません。しかし、ほとんどの方は中学生から、もしくは若い方であれば小学生から英語に触れているのではないでしょうか。人により差はあれど多少の単語を知っているはずです。ですので、今回のプロジェクトでは模擬テストを行い、知らない単語だけを抽出し、覚えるという形をとります。模擬テスト前にただ単語を覚えるといったことはやりません。後にどのようにそれを行うのかも記載できたらと思います。

 

今回は以上となります。次回からはやってみて思ったことや、いい学習方法などを思い付いたら記載して行こうと思います。

f:id:KenSuzuki1:20210212002738p:plain