Ken’s Learning Projects

色々なスキルや資格の取得を実践・展開します!

TOEIC990点の取得- 001

Learning Projectの第三弾ですが、先日決めた「経済学の名著を読む」が1年間という多少自分の中で壮大なものにしてしまったため、短期的なものを見繕いました。それはTOEIC990点を取得するというものです。

 

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、TOEICとは日常生活やグローバルビジネスにおける英語の力を測定する、世界共通のテストです。その中でも今回は一番受験されているであろう Listening & Reading Test を受験することにします。 テスト形式はマークシートであり、テスト結果は10~990点の5点刻みです。

 

自身の現状

これまでも何回か上記のTOEICを受験した経験があります。大学時代には学校全体で受験する機会があり、さらには入社後も入社数日目に全員受験することが義務付けられていました。何点だったかなと思い、会社のデータを閲覧し自身のデータを確認すると、705点でした。990点の目標までは+285点となります。

 

英語の学習機会

とはいっても実際は入社時から今までの約8年間において全く英語を勉強してこなかったわけではありません。実際に、このLearning Projectの最初のプロジェクトでは「英語でのプレゼンテーション」を取り上げました。

しかしながら、じゃあTOEICというテストに対して勉強をしたかといえば、していません。正直、今ならどれくらいの点数取れるのかな、と思ったこともこのプロジェクトを始める動機になりました。

ただ、仕事で英語を使用する機会はほとんどありませんでした。私の会社で仕事をしている社員であれば、海外に出向にならない限り99%くらいの人は英語を話す機会はないのではないでしょうか。みなさんの会社はいかがでしょうか。実際に使う機会はないのにTOEICの点数を求められている人は実は多いのではないでしょうか。TOEICの点数をあげるだけでも、その利点は多少ありそうです。

 

学習期間

TOEICのテストは年に何回も開催されるため、受験日に困ることは今まではそうそうありませんでした。ですので、最も近い日付を受験日とし、それまでの期間をこのプロジェクトの学習期間としようと考えました。しかし、実際に予約しようとしたところ、昨今のCOVIDの影響で受験することが抽選となってました。いろんな場所に影響が出てますね。ただ、一応抽選に申し込んだところ、当選となりましたのでこのプロジェクトを開始することにしました。実際の受験日は2月28日です。今からだいたい1ヶ月ちょっとということになります。

 

 まとめ

以上のことからTOEIC990点の取得というプロジェクトを開始します。よくよく考えたところ、今回のLearning Projectとこのようなテストは親和性は高いように思います。テストとフィードバックを中心にするこのプロジェクトでは、模擬試験を受けることですぐにテストできますし、回答があれば正確なフィードバックがすぐにもらえます。

1ヶ月くらいのプロジェクトなので、その計画に10%、すなわち3日費やすべきとしています。ですので次回は受験日までの学習のプランを記載できればと思います。

 

f:id:KenSuzuki1:20210212002738p:plain